チャレンジ しつけ!
[おすわりにチャレンジしてみましょう」

アイコンタクトはいかがでしたか?名前を呼ぶと顔を見てくれるようになりましたか?
犬が飼い主さんの声に反応してくれるようになったら、次のステップ「おすわり」にチャレンジしてみましょう。まず、ごほうびを手に持ち犬の鼻先に近づけます。するとくんくんと匂いをかぎますね、そのままゆっくり手を犬の頭の上に移動させてみてください。頭が上がり反対におしりが下がって地面につき「おすわり」の姿勢ができあがると思います。お尻がついた時に「おすわり」と一度声をかけ、手の中のごほうびをあげながら十分に褒めてあげてください。何回か続けると、犬は「おすわりの言葉」と「おすわりの姿勢」を結び付けるようになります。1日数回、楽しくチャレンジしてみましょう。
「アイコンタクトにチャレンジしてみましょう」

まず名前を呼んで見て下さい。ワンちゃんはどこを見ますか?飼い主さんの顔を見てくれるならGOOD!顔を見上げないワンちゃんには、まず、飼い主さんの手の中にごほうびを持っていることを教えてあげてから、名前を呼び、ごほうびを持った手を飼い主さんのあごの下に持っていって下さい。ワンちゃんと目をあわせることができたら、ごほうびをあげましょう。
この時、にっこり笑顔とやさしい声でほめることも忘れずに!ごほうびは食べ物だけではありません。笑顔、優しい声、食べ物、おもちゃなど、ワンちゃんが喜ぶものは全てごほうびです。
ではみなさん、「アイコンタクト」にチャレンジ!
「名前を好きにさせましょう」

犬を家族に迎えて、まず一番にすることは名前を付けることですよね。皆さんの犬は名前を呼ぶと喜んで走ってきますか?

名前を好きにさせる方法、これは「名前を呼んだら叱らない」です。名前を呼ばれて飼い主さんの顔を見れば、なでてもらえる!ご褒美がもらえる!ことを犬が学習すれば、家中どこにいても犬は喜んで走って来るようになりますよ。

これはしつけをしていく段階の最初の一歩、とても大事なことですから、しっかり教えて行きましょう。
今まで名前を呼んで叱っていた飼い主さん、今日から新しい名前にして、チャレンジしませんか?

犬との暮らしをより良いものにするために、、少しずつしつけについて勉強して実践して頂けたらと思います。

まずしつけをする前に、何故しつけをするかと言えば、犬はもともと群れで生活する動物です。群れには必ずリーダーがいます。これを家庭に置きかえて、リーダーは人間、犬は一番下の一ですよ!と教えて行くことが“しつけ”です。時々”力”で教えると言う方がいらしゃいますが、これは逆効果です。犬から信頼を得られるよう楽しく教えてあげて下さいね。